今頃 ストロンチウムだと!2011/10/01 09:25

久々に手が震えるような怒りを感じています。
昨9月30日、文科省から『文部科学省による、プルトニウム、ストロンチウムの核種分析の結果について』なる報道発表が行われました。一つ前のブログ『再度、プルトニウムに警戒を』は、この発表に関する報道から書いたものです。
その後、報道が続き、さらに報道発表の本文を入手するにいたって、とんでも無い事実が判明してきました。

『文部科学省による、プルトニウム、ストロンチウムの核種分析の結果について』【文科省報道発表全文9月30日
『福島第1原発:45キロ離れた飯舘でプルトニウム検出』【毎日新聞9月30日

プルトニウム情報の後ろに隠すように、広範囲での放射性ストロンチウムの検出が発表されていたのです。毎日新聞の見出しを見ても分かるように、マスメディアもプルトニウムに目を奪われて、ストロンチウムへの注目が薄くなっている有り様です。それでも、記事本文にストロンチウムの情報を載せた毎日新聞はマシな方で、前のブログで紹介したNHKの記事には、ストロンチウムのスの字さえ登場しません。

まず、放射性ストロンチウムの危険性は、研究者はもちろん、当ブログを含むたくさんの所で、事故直後から多くの人たちが指摘してきたものです。それが、なぜ今頃になって発表されたのか… 今回の報道発表の分のサンプル採取は、6月6日から7月8日の間で行われています。これ自体、遅きに失しているのですが、発表はサンプル採取終了から3ヶ月が経とうとしている昨日。文科省の態度には「人の命に関わる問題なんだ」という意識が、まったく感じられません。

さらに発表が金曜日。それも報道のタイミングから見ると、午後から行われたようです。これは、ここ数十年、世界中で見られる傾向なのですが、「権力者にとって都合の悪い発表は金曜日の午後、それも夕刊の閉め切りが過ぎた後」に行われます。なぜかと言うと、「土日のテレビは娯楽やスポーツ中心になり、報道番組が少ない」「役所が休みなので、マスメディアの追及を受けるまでに二日の余裕ができる」「週末は人々が家庭中心の生活になるので、世の中に向ける目が緩む」といった事情があるからです。今回の発表、プルトニウムにしても、ストロンチウムにしても、よほど都合の悪い状況があることの証です。

では、放射性ストロンチウムの危険性に関してです。
まず、すでに多くの方がご存じ通り、ストロンチウムはカルシウムと化学的な性質が似ているため、植物にしても、動物にしても、生体はカルシウムと勘違いして、積極的に取り込みます。動物では「カルシウムは骨を作るもと」と言われるくらいですから、ストロンチウムも骨に集まります。
今回検出されたストロンチウム89(半減期:50日)にしても、ストロンチウム90(半減期:30年)にしても、放出するのはベータ線。ベータ線は、空気中では数十センチから数メートル、体内では1センチほどしか進むことができません。従って、地面に沈着していても、外部被ばくは、あまり心配する必要はありません。一方、内部被ばくは大変に危険です。ストロンチウムが集まるのは骨。その中には血液を作る骨髄があり、造血細胞があります。放射性ストロンチウムは長い期間に渡って、造血細胞にベータ線を浴びせ続けるのです。この時、弱い透過力が禍します。半径1センチの範囲にある造血細胞(骨髄の中にある)を徹底的に痛めつけることになるのです。やがて白血病の発症です。

文科省の報道発表をよく読むと、放射性ストロンチウムによる被ばくについて、「土壌からの再浮遊に由来する呼吸被ばく」と「土壌からの外部被ばく線量」を勘案しているように書かれています。これは明らかな誤魔化しです。一番重要な部分を間違いなく意図的に隠しているからです。
ストロンチウムの危険性を考える時に、それが一旦、植物に吸収され、一部は家畜を経由して、最終的に人間の体内に入ってくるという流れを考えなかったら、まったく意味がありません。
セシウム137によるお茶の汚染を思い出してみましょう。空間線量が驚くほど高かったわけでもないし、土壌への沈着が問題視されていた場所でもない所で、茶葉が高濃度に汚染されていました。大気中を浮遊する、それこそごく僅かのセシウム137を、茶木が重要な栄養分であるカリウムと勘違いして、積極的に取り込んだ結果です。葉では、空気中の数百倍、いや数千倍の濃度にも濃縮されました。これを生体濃縮と言います。ちょっと難しい言葉ですが、本来は、生きものが生きるために栄養分を体内で濃縮する働き。放射性物質は、生きもの本来の営みを逆手に取るように体内に入り込み、内部被ばくを引き起こすのです。

さて、ストロンチウムに話を戻しましょう。
チェルノブイリを含めて、過去の原子力事故では、ストロンチウムを吸収した牧草を食べた乳牛から絞った牛乳による内部被ばくが、大きな問題となっています。IAEAもICRPも認めていませんが、原子力事故の後に、白血病が増えたというデータは複数存在しています。それを伝えているドキュメンタリー番組もあります。
今回、汚染が確認された地域には、二本松や白川など酪農が盛んな地域が含まれています。心配です。なお、福島県産の牛乳は、事故直後に出荷制限されましたが、4月末から5月初めにかけて、県内のほぼ全域で解除されています(事故後に地元の牧草を乳牛に与えていたかどうかは不明)。


危険なのは牛乳だけではありません。ストロンチウムを吸収した野菜を直接食べる場合や、溶け込んだ水道水を飲むことによる体内への吸収。これらにも警戒が必要です。当面、カルシウムが豊富な野菜に注意が必要でしょう。小松菜、モロヘイヤ、水菜、大根の葉、バジルなどが当たります。
また、牛乳の例で分かる通り、授乳中の女性が取り込んだ場合、母乳に放射性ストロンチウムが濃縮されるという恐ろしい事態が起きます。

すでに、事故発生から半年以上が経っています。ただちに、食品と水道水の検査項目にストロンチウムを加えないと、とんでも無い悲劇が起きる可能性があると指摘しておきます。乳牛の検査、母乳の検査も、今すぐに始めるべきです。一刻の猶予もありません。これは決してオーバーな言い方ではありません。

それにしても、国の動きの遅さ、知ってて情報を隠す姑息な態度。あらためて強い怒りを覚えます。

追記:
参考までに、過去に当ブログでストロンチウムを扱った記事をまとめておきます。
『ストロンチウム90に警戒を』(3月24日
『再度、ストロンチウム90に警戒を』(4月11日
『ごく微量のストロンチウム90?』(4月13日
『海からストロンチウム』(5月10日
『恐怖のストロンチウム90』(6月12日

コメント

_ うなぎ ― 2011/10/01 14:12

ストロンチウムは魚だけかと思っていたのですが、そんな事は無いのですか。計るのに時間がかるとか、測定器が高価だとか聞きます。計る体制になっていないのですね。

_ 私設原子力情報室 ― 2011/10/01 20:40

>うなぎさん
第五福竜丸の時も、チェルノブイリの時も、放射性ストロンチウムは、程なく問題となっています。それが「簡単には計れない」というのが、どうにも納得が行きませんよね。重大な何かが隠されていると感じるのは、うがった見方ではないでしょう。

_ 南相馬市議 大山弘一 ― 2011/10/01 23:37

はじめまして ツイッターみて 来ました。
水溶性のストロンチウム90は 放出量はセシウムより少ないですが 危険性は桁違い。
現在南相馬では 井戸水検査はヨウ素とセシウムだけして「大丈夫だ」といって飲ませています。
食物もストロンチウムの検査をしていません。
 其れはなぜか?落ちていない「安全神話」を行政が固持しているからです。 犯罪的です。
 MOX燃料、プルト二ウム、放出31核種の調査を早くから訴えてきましたが 東電からお金をもらっているメディアは近づきません。
 ブログ主様の 活躍を祈ります。

_ 私設原子力情報室 ― 2011/10/02 09:20

>大山弘一様
南相馬市議会での奮闘ぶり、ホームページで拝見しました。現地では、「避難or除染」といった二律背反的な現実があって、大変だと思いますが、頑張ってください。
文科省も東電も、原発事故全体を過小評価しようとしていますが、ストロンチウムに関しては、特に酷いです。もっとも恐ろしい核分裂生成物だと言われているのに。

フェルミ「ヒットラーに原爆製造を思い留まらせるには放射性物質をドイツの小麦畑に蒔くのが効果的だ」
オッペンハイマー「それには骨に沈着して離れにくいストロンチウム90が一番よい。ただし、50万人を殺せる確信ができるまではやめた方がいい」
(「内部被曝の脅威」(ちくま新書)より)

_ 大山弘一 ― 2011/10/05 06:10

こんにちは 
保安院6月のIAEA報告、大気放出のストロンチウム対セシウムと実際の計測値の比率が合いません。
1号機から3号機までの放出量は保安院お手盛りで おそらく大分少な目でしょうが 比率はさほど改ざんされていないはずです…それによるとストロンチウム90の対セシウム137比は約0,1~%、約千分の一ですが 実測値を見ると約2ケタ低いのです。 水溶性のため4月、5月の段階で 地上5センチの土壌サンプルでも回収できないほど 地下深くへ浸透したものと思います。
 そして今回、9月30日の文科省発表は6月から7月の採取=梅雨時のものですから 値は極端に低くなって当然です。(放出後100日が過ぎたモニタリング開始の時と同じでキセノンやテルル他ガンマー線各種がなくなってから計り始めた。)
 またその数値を利用しセシウムにに比べ50年積算実効線量が低いーーーに至っては「プルトニウムは重くて飛ばない」たぐいの 刷り込みでしょう。
 それにしても なんとかこの人災による犠牲者を防ぎたいです。

_ 私設原子力情報室 ― 2011/10/05 11:30

昨日は、絶対に聞きたくなかった『甲状腺機能:子供10人に変化』http://mainichi.jp/select/wadai/news/20111004k0000e040065000c.html という衝撃的なニュースが入ってきました。
おっしゃる通り、なんとかこの人災による犠牲者を少しでも防がないと…
ストロンチウムに関しては、隠蔽と誤魔化しが横行しているようです。政府・東電に、正しい情報の公開を求めると同時に、良心的な学者や研究機関による自主的な調査も、もっと進めてもらう必要がありそうです。

_ 織田健志 ― 2011/10/20 02:00

初めまして。
こちらのエントリをプリントアウトし、文部科学大臣の個人事務所にFAXしたら、大臣秘書官から返信が届きましたのでブログに掲載しました。よろしければご覧ください。
http://d.hatena.ne.jp/boosted/20111019/1319041928

_ 私設原子力情報室 ― 2011/10/20 09:07

>織田健志さん
行動力に敬服!また、少しでもお役に立てたなら光栄です。
大臣秘書官からの返信は、はぐらかしの連続ですが、こういった積み重ねは、必ず、政府に対するプレッシャーになりますので、これからも『私設原子力情報室』の中に気になる情報を見つけたら、どんどんご活用ください。

こういった質問に対して、政府側が非を認めることは、ほとんど無いのですが、「ストロンチウムやプルトニウムが含まれる食べ物を食することによる内部被ばくを評価しなかった」と認めさせたのは、大きな成果だと思います。認めているのなら、本来、発表した資料の中に、そのことを明記すべきなのですが。

「金曜日発表」の件は、当然認めませんよね(笑)。ただ、「世の中の人たちは、皆、知っているんだ」と認識させただけでも、効果はあったと思います。

今後とも、よろしくお願いします。

_ 織田健志 ― 2011/10/20 17:01

文部大臣がたまたま私の選挙区選出で、また少々面識があったということもありまして、今回の行動に踏みきりました。そうでなければ私もここまでのことをやったかどうか……。
秘書官氏からの返信はツッコミどころも多いのですが、立場上こう答えなければならないという部分も大いにあるのかなと愚考します。「金曜日発表」云々の部分など、おっしゃる通り絶対に認めるわけはないので、基本スルーでよいかと思います。向こうがスルーしなかったことが逆に驚きでした。また、ストロンチウムやプルトニウムを食物経由で摂取することを考慮していなかったことを認めさせたのは望外の収穫でした。
今後とも色々参考にさせていただきます。よろしくお願いいたします。

_ 九州ママン ― 2012/11/01 17:14

初めましてこんにちは。

勉強不足な質問ですみません。

セシウム134・137が不検出だった物(牛乳など)には、

ストロンチウムも存在しないものなのでしょうか?


勉強不足な愚かな質問をお許し下さい。

_ 私設原子力情報室 ― 2012/11/03 00:03

>九州ママンさん

当面は、「セシウム134・137が不検出だった物(牛乳など)には、ストロンチウムは、ほとんど存在しない」と考えてよいと思います。

ただ、ストロンチウム90は体内に入ると微量でも将来的に白血病を引き起こす可能性があります。仮に、セシウム134・137が不検出だったとしても、ストロンチウム90への警戒を解くべきではありません。

現状では、「セシウム134・137が低ければ他の放射性物質もOK」となっているのは事実。しかし、フクイチから出た放射性物質は他にもたくさんあります。ストロンチウム90を含めて、行方を徹底して究明すべきで、「危険なものは危険」「危険な場所は危険」ということを明確にすべきでしょう。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nucleus.asablo.jp/blog/2011/10/01/6120341/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。






Google
WWW を検索 私設原子力情報室 を検索